遺産承継 複雑な遺産承継もお任せください。司法書士が遺産承継を全てサポートいたします。

このようなお困りごとはありませんか?

  • 相続手続きの方法がまったくわからない
  • 忙しくて相続手続きをしている時間がない
  • 相続人が遠方で連絡をとるのが大変である
  • 親が借金を残して亡くなったが、どうしたらいいのかわからない

遺産承継を依頼するメリット

遺産承継

相続手続は多岐に亘り、手続を行う窓口もたくさんあります。
ご自身で相続手続をされる場合は、各手続先に全部自分で出向かなければなりません。
また、提出書類の作成や必要書類の収集も全て自分で行わなければなりません。
当事務所にご依頼いただければ、提出書類の作成や必要書類の収集、各手続先への書類提出を全て代行させていただきます。
時間的メリット・専門家に任せるという安心感があります。
遺産承継に関するお悩みや心配ごとをお持ちの方は、お一人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください。

遺産承継業務とは

相続が発生した場合、亡くなられた方の名義になっている預貯金や株券・有価証券などを相続人が解約したり、 相続人名義に書き換えたりする必要があります。
遺産である預貯金を解約して相続人に配分したり、不動産をはじめとする多様な財産を管理・処分したりするには、 専門的な法律知識と高度な倫理観が求められます。司法書士は、相続人から依頼を受けた場合、 相続人の代理人となり遺産相続の承継に必要な手続きを行います。
司法書士法第29条同施行規則第31条により、「他人の事業の経営、他人の財産の管理若しくは処分を行う業務をすることができる」 とされています。このような財産管理を業務とすることができるのは、司法書士または弁護士のみです。

遺産承継に関する手続き

業務報酬備考
遺産相続手続フルパック遺産総額の1.2%~
※1参照
相続登記・戸籍の収集・相続人の調査・相続関係説明図の作成・遺産分割協議書の作成・銀行の預貯金解約・株式等の運用資産の名義書換・相続不動産の売却代理・相続税申告(提携税理士を紹介します)。
※1:遺産総額
~1000万未満総額の1.8%(税抜)最低20万
1000万以上~3000万未満総額の1.5%(税抜)
3000万以上~5000万未満総額の1.2%(税抜)
5000万以上~1億未満総額の1.0%(税抜)
1億~総額の0.8%(税抜)

財産によって若干提示金額より低い場合がございますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

遺産承継の流れ

1

お客様と面談

亡くなった方の相続関係や相続財産についてお話を伺い、相続について手続きの説明と費用について丁寧に説明いたします。
ご依頼後、資料のお預かり等をし手続きスタートです。

2

相続人調査

亡くなった方の法定相続人を確定させるために、当事務所で、戸籍謄本・除籍謄本、改製原戸籍、住民票等を取得します(遠方の場合は郵送で請求します)。取得した戸籍謄本、住民票等の内容を確認し、法定相続人を確定します。

3

遺産(相続財産・負債)調査

お預かりした資料やお話から当事務所で遺産の財産価格・負債について調査を行います。
具体的な例として

不動産 謄本や公図等を取得して、相続財産の権利関係、物理的現況の確認。また、私道があるかどうかについても調査。路線価を調査して価格を計算。
預金 銀行等で現存照会を行い、相続時の金額の確認。
株式 証券会社等で残高照会を行い、相続時の金額の確認。
自動車 車検証等を確認。
負債 亡くなった方宛に届いている郵便物から内容を確認し、各関係者へ問い合わせて取引履歴を請求し、負債金額の確認。

4

財産目録の作成

上記で調査した遺産を一覧表にします。遺産の価格を計算して、相続税が発生するかどうか試算し、相続税の申告が必要でしたら当事務所と提携している税理士を紹介します。相続財産で、プラスの遺産より負債が多かった場合は、相続放棄等の手続きも検討します。

5

遺産分割協議

相続財産一覧表をもとに、相続人のうち、誰がどの財産を相続するか決めていただきます(遺産分割協議)。原則は、相続人の皆様で、遺産分割協議をしていただきますが、お客様のご要望があれば、司法書士がアドバイザーとして遺産分割協議に立ち会って相続財産の説明等を行うこともできます。遺産分割協議が整いましたら、当事務所で遺産分割協議書を作成します。

6

不動産、預金、株式、自動車等の名義変更手続き

各相続財産について、当事務所で名義変更の手続きを行います。

7

遺産相続手続の完了報告書、完了書類をお渡しして、完了結果について説明します

遺産相続の完了報告書を作成し、お客様へ完了書類をお渡しして結果を説明いたします。
遺産分割協議書、戸籍謄本、住民票等の書類は、相続関係書類として一つにまとめて、不動産の権利証(登記識別情報)は、表紙に綴じてお渡しいたします。

相続