よくわかる相続

よくわかる相続
遺言
遺言

遺言がある場合とない場合ではどう違う? 相続をめぐるトラブルは、遺言書がなかったことが原因となる場合が多くあります。亡くなったKさんには子供も直系尊属もいなかったため、遺産を妻とKさんの兄弟が相続することになりました。兄 […]

続きを読む
よくわかる相続
財産分与
誰にどれだけの相続分が?

相続財産とは 相続の対象となる遺産は、土地建物や予兆金などといったいわゆるプラスの遺産ばかりではありません。被相続人の借金などマイナスの遺産もその対象となるのを忘れてはいけません。 誰にどれだけの相続分が? CASE.1 […]

続きを読む
よくわかる相続
相続
相続する権利がある者とは

遺産を受け継ぐことができる人として、まず法定相続人があげられます。法定相続人とは、法律で定められた相続の権利を有する人で、配偶者と被相続人(亡くなった人)の子(直系卑属)・直系尊属・兄弟姉妹に大きく分けられます。 ●配偶 […]

続きを読む
よくわかる相続
相続
相続に関するスケジュール

相続で最も優先されるのは遺言の内容です。遺言がない場合や、遺言が残っていても一部の財産の分割方法しか書かれていない場合などは遺産分割協議が必要になります。なお、法定相続分はあくまで「目安」なので、相続人間で話がまとまれば […]

続きを読む