成年後見 成年後見人として、司法書士がしっかりサポート

このようなお困りごとはありませんか?

  • 判断能力が低下した母が高額なものを買わされて困っている
  • 認知症の母(父)を悪徳商法から守りたい
  • 亡くなった父親の遺産分割協議をしたいが、母親が認知症でできない
  • 認知症の親を施設に入所させるために不動産や株式などを現金化したい
  • 今はまだ元気だが、もしもの時に近くに頼れる親族がいない
  • 親族には迷惑をかけたくないが、長期入院などの事態が起こったら、お金の管理や入院手続きを誰かにやってもらいたい

成年後見・任意後見に関するお悩みや心配ごとをお持ちの方は、お一人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください。

成年後見制度とは

成年後見

認知症、知的障害、精神障害などにより、判断能力が不十分になってしまった方は、 不動産や預貯金などのご自身の財産管理や介護サービスや介護施設の契約締結ができなかったり、 遺産分割協議をする必要があっても、ご自身でこれらのことをするのが難しい場合があります。
このような方々が安心して生活できるようサポートするのが成年後見制度です。
成年後見制度には、判断能力の衰えたあとに裁判所により後見人を選任してもらう法定後見制度と、 判断能力が充分なうちに、後見人をご自身で選び契約しておく任意後見制度があります。

主な成年後見業務

  • 介護や福祉サービスなどの利用契約の締結
  • 預貯金の出し入れの管理
  • 不動産の管理
相続