遺言

よくわかる相続
養子縁組と相続

後継者のいない事業の承継などに 「相続の基本」で、養子は実子とまったく同じ相続権があると述べました。 たとえば、夫が妻の父親から「ぜひ家の事業を継いでほしい」と頼まれたとき、妻の父親と養子縁組の手続きをしておけば、妻と同 […]

続きを読む
よくわかる相続
相続人が未成年の時

母親であっても、未成年の子の相続の代理をすることはできない 【事例】 夫が突然死亡した。遺言書はない。子供は小学生が一人。 遺産分割をする際にはどんな注意が必要? この場合の相続人は妻と未成年の子ですが、今の時点で相続人 […]

続きを読む
よくわかる相続
生前の贈与の特別受益者とは

生前に被相続人から受けた贈与を特別受益と呼び、生前贈与を受けた者を特別受益者といいます。特別受益には、次のような事柄が該当します。 遺言によって相続分とは別に遺贈を受けた者 結婚や養子縁組のために費用を出してもらった者 […]

続きを読む
よくわかる相続
寄与分

被相続人へ特別の貢献をした相続人に、より多く認められる「寄与分」 【事例】一生懸命、亡父の看病をしてきたのに、兄弟たちが虫のいい均等相続を主張してきた。 長女のM子さんは一生独身を通して父の看病をしてきました。母はずっと […]

続きを読む
よくわかる相続
こんな人は相続できない

「相続欠格者」となれば何も相続できない 【事例】 Sさんの弟はふだんから素行が悪く、いつも警察沙汰のトラブルが絶 えませんでした。ある日、父親から注意された弟はカッとなって父親 を殺してしまいました。こんな弟にまで父親の […]

続きを読む
よくわかる相続
プラスの財産とマイナスの財産

親が亡くなって遺産が入ると思っていたら、何と借金ばかりたった…。でも怒ってばかりはいられません。相続開始を知ってから3 カ月を過きると、単純承認といって、借金や債務までも一切を含めた遺産を引き継がなけれはならなくなるから […]

続きを読む
よくわかる相続
相続人が行方不明。どうすればいい?

相続人の中に行方不明の人や、生死すらわからない人がいると、遺産の分割協議ができず困ったことになります。その場合は、次のような措置を講することができます。 ●不在者財産管理人をおく 共同相続人の一人が行方不明の場合、他の相 […]

続きを読む
よくわかる相続
予期せぬ相続人が現れた

先妻の子も後妻の子も身分は同じ 【事例】 父親と先妻との間に子がいたと判明。 しかし見知らぬ者には遺産をやりたくない…。 Bさんの父親が死亡。母は3 年前にすでに他界しています。相続人は長男のBさんと妹ですが、妹はすでに […]

続きを読む
よくわかる相続
遺言

遺言がある場合とない場合ではどう違う? 相続をめぐるトラブルは、遺言書がなかったことが原因となる場合が多くあります。亡くなったKさんには子供も直系尊属もいなかったため、遺産を妻とKさんの兄弟が相続することになりました。兄 […]

続きを読む
よくわかる相続
誰にどれだけの相続分が?

相続財産とは 相続の対象となる遺産は、土地建物や予兆金などといったいわゆるプラスの遺産ばかりではありません。被相続人の借金などマイナスの遺産もその対象となるのを忘れてはいけません。 誰にどれだけの相続分が? CASE.1 […]

続きを読む